2017年05月01日

阪神高速

6月3日から阪神高速が大幅に値上げされます。
私は、泉州さらに大阪の発展のためにと、関空へのアクセスを改善し、利便性を向上するために、関空の連絡橋の通行料を500円に引き下げ、さらに阪神高速に距離別料金を導入し大阪市内から関空まで900円への引き下げに取り組み実現しました。
にもかかわらず、現状関空の連絡橋は920円に値上げされ、また今回阪神高速も1300円へと値上げされてしまいます。
大阪市内から総額2000円以上もかかることになり、関空の利用にブレーキがかかることは明らかです。地元の国会議員の方々は何をしているのでしょうか?

2017年04月02日

第二阪和全線供用

今朝10時から第二阪和の全線供用の式典に行って来ました。
事業化から50年余り、ようやく開通できたことに万感胸に迫る思いです。
2009年政権交代後に国土交通大臣政務官として、年間事業予算をこれまでの約10倍の100億円に増額し整備を加速した結果、即座に淡輪ランプまで供用し、平成27年の和歌山国体までの全線供用に目処をつけましたが、残念ながら私の落選で事業も遅延し今日に至りました。
第二阪和の整備や関空の再生など、誰よりも熱心に取り組み大きな成果を出せたと自負していますが、再び地元のために仕事ができるよう再選を目指し頑張ります。

2017年03月16日

森友学園

今回の問題のポイントは
1. なぜ国有地を破格の安値で売却したのか?
2. なぜ大阪府は小学校設立の認可基準を緩め、認可適当としたのか?(私学審議会では財政基盤が問題となっていたのに、一転認可適当としたのか?)
この2点の背景を知るための記録が財務省も大阪府も両者破棄しているという。
偶然の一致と言う方もいるでしょうが、まずいから廃棄したと言っていると思うのは私だけ?
もっとも本当は記録はあるんでしょうが、、、

2017年02月20日

第二阪和

やっと昨夜報道されたので公開しても問題なくなりましたのでアップします。
永年懸案の第二阪和が4月1日に全線供用されます。国土交通大臣政務官として平成22年に予算を約100億円に大幅に増額し、淡輪ランプまでの供用さらに平成27年秋の和歌山国体前の全線供用に目処をつけていましたが、私の落選後誰も熱心に取り組まなかった結果、延び延びになりようやく今回の供用となりました。
現職の方々は今回の開通があたかも自分の手柄のように言っていましたが、当初の予定の和歌山国体前の開通ができず、ここまで遅れてしまったことを反省すべき。
地元のことをもっと真剣に考えて頂きたい。

2016年12月17日

北方領土

果たして今回の日露首脳会談は日本にとってメリットがあったのだろうか?
ロシアのクリミア併合に対して世界各国が経済制裁を加えている中、今回の日露首脳会談での主要議題は経済協力であった。おまけに懸案の領土問題については進展どころか大きく後退したと言える。
そもそも北方領土は、第二次世界大戦末期、ソ連は、当時まだ有効であった日ソ中立条約に違反して対日参戦し占領したわけで、これまでのわが国の立場は、ロシアによる不法占拠である。

領土問題は当事国以外の国々からどのように見えるかということが非常に重要である。なぜなら、当事国同士の話し合いで解決できない場合、最終的には国際司法裁判所の判断に委ねられるからである。

今回の首脳会談で、その不法占拠の相手との共同経済活動を受け入れてしまった。
つまり他国から見ると「日本は北方領土におけるロシアの主権を一定認めている。」となる。領土問題においてこのような既成事実化が国際司法裁判所の判断に大きく影響を与えることは明らかで、今後の北方領土の返還がますます遠のいてしまったことは残念でならない。

長安通信月別検索