長安たかしの重点政策は3つのルネッサンスです。
ルネッサンスとは直訳すると復興ですが、長安たかしのいうルネッサンスは単なる過去の掘り起こしではなく、経済・教育・外交等において過去に学び今後の政策を立案する、まさに温故知新の精神を意味します。
暮らしルネッサンス(経済再生プロジェクト)
 
  日本の経済の真の担い手は、中小企業です。中小企業が昔のように元気にならなければ、日本経済の復興はありえません。その為には、国・自治体によるきめ細やかな中小企業振興、新規事業及び起業の支援が必要です。長安たかしは中小企業経営の経験を生かし、中小企業の復興に全力を注ぎます。
 
教育ルネッサンス(教育改革)
 
  子を持つ親として教育は一番の関心事ではないでしょうか。又、日本の将来にとっても大きく影響してくる問題です。しかし、現在の教育政策は満足の行くものではありません。長安たかしは、今までのような詰め込み教育ではなく、基礎教育の充実を図り、学校・地域・家庭が各々独立して行っていた教育を昔のように3者が密接に連携して行っていく教育を提案します。
さらに、文部科学省が全国一律にすべてを決めるのではなく、各市町村や学校が自由に決められる余地を拡大することも提案します。
外交ルネッサンス(誇りある外交政策)
 
  昨今の日本の外交は、各国に対し資金援助のみを行う「みつぐ君外交」です。これは経済が右肩上がりの状況での自己満足外交に過ぎません。又、国益を主張することと各国との協調はあたかも相反するような雰囲気を外務省は醸し出していました。これからの外交政策は、昔のように日本の国益を第一とし同時に各国の国益を考慮した上での大人の協調体制を強化していくことが必要です。